肝機能に効果的なしじみ成分と身体への働き

肝機能に効果的なしじみ成分と身体への働き

しじみに多く含まれているオルニチンという成分は肝臓に有用な作用をもたらしてくれます。オルニチンは人間の体内では合成されることのない非必須アミノ酸の一つで遊離アミノ酸として体内では役割を担っています。

このアミノ酸の働きは体内の組織内でアミノ酸が不足すると血液中に遊離アミノ酸を取り込みタンパク質の合成材料として使われます。遊離アミノ酸は体内のアミノ酸量の状況や状態に適応し身体のバランスを整える一端を担う役割を果たしているのが遊離アミノ酸の働きの特徴です。

そんな遊離アミノ酸の機能をもつオルニチンは身体にどのような効果をもたらすのかみていきましょう。

血流にのって身体中を巡っている遊離アミノ酸はとくに肝臓に有効な働きを行います。ストレスや過労、睡眠不足など日々の生活習慣によって負担がかかり人間の臓器は弱くなってきます。そして臓器の機能低下にともない有毒のアンモニアが体内に溜まってくる状態になります。

肝臓はアンモニアを解読する役割を果たしている臓器でもあるため、肝臓が弱くなることで解毒作用が不十分になり基礎代謝も低下してしまいます。基礎代謝をあげ解毒作用を正常に戻す方法の一つとして肝臓に有用な働きかけを行うオルニチンを外から補う必要があります。前述でも解説した通り、しじみはオルニチンが多く含まれているため、肝臓の解毒に直接働きかけ疲労回復や二日酔いなどの生活習慣による体調バランスの崩れも正常に戻してくれる機能が期待されています。